Forza Horizon

動画

みんなの評価

このゲームをやったことのある方は、以下の評価にご協力をお願いします。

選択肢 投票
すごく良い(絶対やるべき!!) 20  
良い(人に薦められる) 2  
普通(微妙) 0  
良くない(ちょっとがっかり) 1  
悪い(金返せ!!) 0  

こんな人にお勧め

  • 12歳以上対象。
  • オープンワールドのレースゲームを楽しみたい人。
  • 体験版で試すことができる。

特徴

  • Forzaシリーズのスピンオフ。
  • 公道を自由に走ることができる、オープンロード(オープンワールド)のレースゲーム。
  • コロラドで開催されるHorizonフェスティバルの様々なイベントに参加できる。
  • 収録車種は120以上。
  • レースに勝って経験値が上がるにつれて、参加できるレースが増えていく。
  • ドリフト、スピード、ニアミス、エアー、破壊などのスキルを成功させるとポイントが入り、人気が上がる。
  • 各所に置かれたディスカウントサインや、隠された掘り出し物の車を探す楽しみもある。
  • レースごとに難易度を変更できる。
  • 広いコロラドの地をドライブし、美しい景色を楽しむことができる。
  • 3曲あるラジオを聞きながら運転できる。
  • 昼と夜の移り変わりがある。
  • マルチプレイでは、通常のレースの他に、鬼ごっこのようなゲームや、協力して行うチャレンジなどもある。
  • Kinectに音声のみ対応。
  • セッティング、チューニングはできない。

概要

Forzaシリーズのスピンオフ。一般車が走る公道を自由にドライブできるオープンロードのレースゲーム。

システム、操作

オープンロード

一般の車が走っている公道を自由に走ることができる。道路以外でもガードレールなどで仕切られていないところは、走ることができる。

マップ

Backボタンでマップを表示できる。マップには現在位置の他に、イベントが行われる場所など様々な情報が表示される。

マップ上で行き先にカーソルを移動させ、Aボタンを押すと、そこまでのルートを設定できる。ルートを設定すると、車を運転している時、道路上に緑の矢印が表示される。

リストバンド

レースに参加して経験値を稼ぐと、それに応じた色のリストバンドをもらえる。リストバンドの色によって、参加できるイベントが増えていく。

イベント

イベントは各所で行われ、イベントが行われる場所までは自分で車を運転して行く。

イベントは、基本的には、レースで勝利することが目的。イベントには何種類かあり、最も一般的な「フェスティバルレース」は、8台の車で普通のレースする。「ライバルレース」では、同じレベルのライバルとレースし、勝利すると車がもらえる。「ショーケース」では、飛行機や気球、ヘリコプターなどと対戦し、勝利すると車がもらえる。「ストリートレース」では、一般車が走る公道でレースをし、経験値はもらえないが、高額の賞金をもらえる。さらには、公道を走っているライバルにチャレンジを挑む(エンカウントバトル)こともできる。

スキル

車で走っている時、スキルを成功させると、スコアを獲得できる。獲得したスコアの累計によって、人気ランクが上がっていく。

スキルには、ドリフト、サイドドリフト(サイドブレーキを引いてドリフト)、スピード(時速160km以上で450m走る)、バーンアウト、エアー、ニアミス(時速80km以上で別の車のそばをかすめる)、デストラクション(看板や道路標識などを破壊する)、ドラフティング、パスなどがある。

スキルの技がおこなわれても、その後すぐに車や壁などに激突させてしまうと、失敗になる。

スキルにはレベルがあり、最上位のものには「アルティメット」の冠が付く。

スキルを連続で行うと、スキルチェーンとなり、獲得できるスコアが高くなる。

さらに、例えばドリフトの直後にデストラクションを行うサイドワイプコンポのようなコンポもある。

スピードトラップ、スピードゾーン

道路には、スピードトラップやスピードゾーンが設置されている箇所がある。

スピードトラップは、そこを通過した時の速度を記録する。スピードゾーンは、ある場所からある場所に行くまでの平均速度を記録する。

アウトポスト

アウトポストと呼ばれる場所が何箇所かあり、この場所へは、利用料を払うことで、すぐに移動(ファストトラベル)できる。

アウトポストでは、PRスタントを行うことができる。PRスタントには、スピードスタント、フォトシュート、スキルスタントの3つがある。スタントをクリアするとファストトラベルの利用料が割引され、3つ全てをクリアすると無料になる。

スピードスタントでは、指定されたスピードトラップを指定されたスピード以上で通過する。フォトシュートでは、車を壊さずに目的地まで運転し、フォトを撮影する。スキルスタントでは、指定されたルートを走って、指定されたスキルポイント以上を獲得する。

ライバルに挑戦

イベントレース後、自分より速いライバルのゴーストに挑戦することができる。

ディスカウントサイン

ディスカウントサインと呼ばれる赤い看板が100個各所にあり、1つ破壊するごとに1%アップグレード料金が割引されるようになる。

ディスカウントサインの一部はマップで赤い点として表示されている。

掘り出し物

「どこどこに放置された車があるらしい」という情報がたまには入ることがある。その場所(マップで大体の位置が薄い白い円で表示される)に行って、車が保管された倉庫を見つけると、その車をもらうことが出来る。

掘り出し物の車はレアな車で、ボロボロの状態で発見される。修理されると、乗れるようになる。

スポンサーチャレンジ

指定されたスキルを指定回数成功させると達成できるスポンサーチャレンジが幾つか用意されている。

ラジオ

ラジオが3局あり、十字ボタンの左右で選択できる。ラジオでは音楽の他、DJのトークも流れる。

マルチプレイ

マルチプレイでは、通常のレースの他、変わったゲームも用意されている。

キングでは、一人がキングとなり、キングにぶつかるとキングが入れ替わり、キングだった時間が一番長かった人が勝ちとなる。インフェクティドでは、一人の感染者が別の車にぶつかることで感染させ、最後まで逃げ切った人が勝ちとなる。キャット&マウスでは2チームに分かれ、それぞれのチームのネズミ役の1台がゴールした方が勝ちとなる。

さらにフリー走行でも、CO-OPチャレンジで、みんなで協力して目標を達成させる遊びが用意されている。

収録車種

感想

私はマルチプレイを全く行なっていないため、シングルプレイのみの感想です。

Forzaがゲーム性に目覚めた

このゲームの最大の特徴は、オープンワールド*1という点だろう。Wikipediaなどを見ると、オープンワールドゲームというのは、舞台となる広い世界をマップの切り替えなしに自由に移動することができるゲームのことだと説明されている。オープンワールドゲームでは、ストーリーの進み具合や、プレイヤーのレベルに関係なく、好きな場所に移動できる。また、NPCがまるで本当にそこで生活しているかのように動きまわる。

このゲームはまさにそのようなゲームで、レースやイベントへの参加を放ったらかしにして、広大なコロラドの地を自由にドライブすることができる。また、人は歩いていないものの、一般の車やフェスティバルに参加している車が道を走っており、実際の道路を走っているような感覚でドライブを楽しめる。

私はあまりレースゲームをしないので詳しくはないが、私が過去にプレイしたレースゲームの中ではテストドライブアンリミテッドが同様のゲームで、Forza Horizonをプレイしてすぐに似ていると感じた。

また、ドリフトやエアーなどのスキルによってポイントを獲得できる点もこのゲームの大きな特徴になっているが、このシステムはプロジェクトゴッサムレーシングに似ていると感じた。

今までのForzaシリーズはドライビングシミュレーターとしてのリアルさを追求しており、娯楽的なゲーム性は見向きもしていないという印象があった。そのため、自動車好きには絶大な支持を得る一方で、そうでない人には敷居が高く、手を出しにくい存在になってしまった。しかしこの作品は、リアルさは多少犠牲にしたかもしれないが、Forzaシリーズに今までなかったゲーム性がふんだんに盛り込まれていて、私のようなレースゲームにあまり興味がない人間でも気楽に楽しめるゲームになっていた。

フリー走行で大暴走を楽しむ

このゲームは、一般道をただただ走るフリー走行が楽しく、イベントに参加することを忘れてしまう程だった。

舞台となるコロラドは山あり谷ありで、様々な景色を楽しめる。また道路も、真っ直ぐな道、曲がった道、狭い道、高速道路のような広い道、舗装されていない滑りやすい道など、バラエティに富んでいる。

また、ディスカウントサインや掘り出し物の車など、お宝を探す楽しみもある。

しかしなんといっても一番楽しいのは、好きな車に乗って、道路を思いっきり飛ばせることだ。もちろん壁や他の車に激突することは茶飯事だが、警察が来ることも、車が壊れて性能が落ちることもないようなので、気にする必要はない。本能に任せて、大暴走ができる。

とは言ってもぶつかっているだけでは面白くなく、奇跡的な走りができた時の快感がたまらない。特に猛スピードで対向車をギリギリでかわした時のスリルは癖になる。実際にこんな走りができるわけないので、まさにゲームならではの醍醐味といえるだろう。

祭りは終わらない

お祭りはそれだけでワクワクした気分にさせてくれるが、このゲームのHorizonフェスティバルでもまさにそのような気分を味わえる。

フェスティバルの中心地では、花火が上がり、レーザービームが舞い、観客の大声援が迎えてくれる。また、3局あるラジオで流れる曲やトークもフェスティバルを盛り上げる。

楽しいお祭ほどすぐに終わってしまうが、Horizonフェスティバルはなかなか終わりそうもなく、いつまでも楽しめそうだ。

コロラドには何がある?

このゲーム内のコロラドが実際のコロラドとどの程度似ているのかは分からないが、少なくともこのゲームでのコロラドはかなりの田舎で、何箇所かの絶景ポイントを除けば、景色はあまり変わらず、多少単調ではあった。

また、フェスティバルの中心部は盛り上がっているが、それ以外の場所には特に何もなく、寂しかった。

もしかしたらHorizonフェスティバルというのが実在のフェスティバルで、その雰囲気を忠実に再現しているということかもしれないが、どうせゲームなのだから、フェスティバルを盛り上げるもっと派手な演出や、そびえ立つ巨大なオブジェクトなど、現実にはありあえない光景があってもよかったのではないだろうか。

ヒント

攻略

リンク

関連

コメント



ページ情報

*1 ゲームのパッケージには「オープンロード」と書かれている。道路以外の場所には殆ど行けないので、このような言葉を使っているのかもしれない。
[ トップ ]   [ 編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 子ページ作成 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]